多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

病院の待合室ほど嫌なものはない と思いませんか

朝から1時間半ほど待たされて、診察は5分。
血液検査の結果を聞くだけの
病院の待合室はいらいらするだけ。
次から次へと来院してきます。


これが病気ならあきらめもつくが。


それはいいとしてγーGTP、総コレステロールも基準範囲。
中性脂肪も少し超えているだけ。


何か探そうと先生はHDLコレステロールと、LDLコレステロールの
比率を説明しだした。
それぞれの値は基準値ギリギリだが L/Hの比が3.0あるという。
薬を始めたほうがいいですよという。
糖尿病の人は許容値が1.3以内ですよと。


いえいえもう少し待ってみますと、お断りした。
セカンドオピニオンでもないが、もう少し調べないと。


薬をよく進めるこの先生に若干の疑問を感じているから。
そこで調べてみた。

これによると、ほとんど基準値以内。
さらに

これもほとんど問題なし。
ところが

このL/H比が3以上あるということは
血栓ができている可能性があるとなっている。
これは判断がむつかしい。悩みどころだ。
さかのぼって3年くらいのデータを見ると
ほとんど3.0を超えている。定年後だ。
思い当たる節がある。
間食が増えたこと。


次の3か月先の検査結果次第では薬が必要かも。
待合室の嫌な予感が的中した格好。


要はHLを上げて、LHを下げればいいのだが。
どれを調べてもコレステロールというだけで
Lコレ/Hコレの食品についてわからない。


ピーナッツが悪いのか、かりんとうが悪いのか
よく調べないといけない。先生教えてよ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。