多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

おどろくべきゆとり教育世代と レーダーロックオン

調べてみようと思ったのは、レーダーロックオン事件の
出口が見えないので
幼稚で稚拙な反応をしている韓国の人って
どんな教育を受けた人たちだろうかというのが発端。


韓国は1945年までは日本の統治下にあり朝鮮戦争で
二つに分断されたのが1950-1952の間。
1950年といえば私が生まれた年。当然この年代は
戦争を知らない。親から聞かされている程度。
日本も韓国もほぼ同じだが、この人たちはすでにリタイアしている。
現役世代はこの人たちの子供世代の60歳から40歳くらい。


ここからが本題。
この世代は教育戦争の真っただ中であったのは同じでしょう。
唯一違うのは、韓国では2年間の徴兵制度があり
すべての人が軍人教育を受けていること。
愛国心や忠誠心で大いに違ってくる。
日本より国防に対して先鋭化するのは当然といえます。


問題はこの世代の子供たちの教育。
韓国では相変わらずの学歴重視世界で教育熱心。


すごい教育熱心です。


ここで日本のかつての ゆとり教育の世代に注目です。
2002から2011の間ですので
1986(昭和61)から2004(平成16)に生まれた子供たちです。
現在の33歳から15歳くらいの間です。

両親は58歳-----40歳くらいでしょうか。現役世代です。


この子供たちは円周率を3と教えられて、円が書けません。
ちょっと馬鹿にしていました。


ところがですよ、この頃ニュースで見る活躍世代は
まさしくこの子供たちなのです。


 アイススケート、卓球、サッカー、将棋、そのほかたくさん。
驚きであります。すごいことです。


何が言いたいかお分かりですか。
詰め込み教育を受けた親の反動で
ゆとり教育を受けた子供たちが伸び伸びしているようなのです。
驚きの世代なのです。日本は安心です。


久しぶりに長文の分析を作りました。自我流の解析ですが。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。