多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

このお方の 腹が読めない 時にはパワハラかと

財布のひもを握っている、この人に尻に敷かれつつある。
年金生活とは不自由なもんだ。


時に、これはパワハラと思うことがある。
力のある人が、弱い立場のものに命令口調で
ものをいうのがパワハラの定義だとすればまさしく。


あれはいけない、これはダメだと口うるさい。
何年か先に面倒を見てもらう身としては
黙って従うしかない。

お茶の腕前はよく知らない。
そのほかのことも、よくわからない。
ただ年々強くなっているのは実感する。


しかられ、諭され説教される。
俺も一人前の男だったといっても、昔の話だと一蹴される。
ちょっと悔しい。
そんな時は反論せず、黙って外に出てタバコを吸う。


なんでこんなことになったのだろうか。


多分、私だけではないと思う。
もはや、あきらめてお母ちゃんに従うしかない。


しがないじいちゃんの愚痴はここだけの話。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。