多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

久しぶりにブログをたどって着いたのが 楽しい貧乏暮らし

たどった きっかけは酔っぱらっていてわかりません。


ブログをめくってたどり着いたのが
”楽しい 貧乏暮らし”


うーんとうなりながら タイトルを見ると
・食費1か月で1万円
・夫の年収250万円で目指すマイホーム
・崖っぷち主婦の------。


おそらくは若い年代の人たちのブログと見受けられるが
すごいなー と感心します。
ブログに吐き出すことで憂さを晴らし 気分を変えたいという気持ちは
よくわかります。
我が息子たちの悩み、苦労もこんなだろうと察します。


ところが これを潜り抜けてきた じいちゃんは
こんな記事が気になりました。先週の産経。


頼れる人が周りにいますか?。同居の家族以外に。


日本人は外国に比べて、いないという答えが多いそうです。


これは ある意味残酷な問いかけです。


殆どの老人は周りに迷惑を掛けずになんとか暮らしたいと
思っているからです。
また こちらで友人と思っても 相手側はそんなに
思っていないかもしれないという不安もあります。


そんなことをつゆほども感じずに
子育てやマイホームの夢にまい進した時代のほうが
懐かしく感じます。


”楽しい貧乏暮らし”
このブログに いつかまた訪問したいと思います。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。