多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

誕生日の夜が明ける

さしたる感慨もなく誕生日の夜が明ける。
68歳らしい。


窓を開けて外の冷気を取り入れる。
すこし肩口が寒い。
太陽が昇り始めた。


こんな風に いつもの早起きの朝が始まった。
今日中にやらなければいけないものはない。


テレビで世界フィギュア女子フリーをやっている。
ロシアのザギトワが3回も転んだ。
誰でも調子の悪い時はある。


小鳥の鳴き声に犬が反応している。
とまあこんな具合だ。


昨日 我が家の隅っこに見つけた、押し花の写真を撮る。


10年ほど前の、東京神田駅下のスナックで貰ったもの。
2枚のコースターのように出てきたものを誉めたら
店のおじいちゃんが写真盾をくれた。


茫洋としてほとんど思い出せないが
この押し花が気になっている。


誕生日をきれいな押し花でスタートする。そんな気分だ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。