多趣味 新米老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

昔文通(ぶんつう)今ブログ そして人生いろいろ

今どきの人に、文通といっても何のことかわからないだろう。


学生の頃の ”蛍雪時代”。受験雑誌。今でもあるみたいですが。
昭和の時代には、文通コーナーというのがあり1対1の手紙のやり取りが

流行ったものだ。

昭和42年の表紙。
今ではよく思い出せないが、学生時代に文通もやった経験がある。
手紙を受け取るときのドキドキ感は印象に残っている。


かたや いまはパソコンでのメールやLINEのやり取り全盛で便利になったものだ。
ブログに感動するのは、幅広い世代の人たちの考えや情報に接することができるから。


スケッチ、イラスト、絵手紙など素晴らしい才能の人たち。
景色や、風景の写真とともに あたかも自分が参加しているようだ。
犬、猫物語の描写や感想にはそれぞれの思い入れがあって楽しい。
一方、こんなに甘いものばっかり食べて健康は大丈夫なのかと他人事ながら心配。


同輩と思しき人たちの、事件やニュースに対するご意見には全く賛同する。
心や身体の病気の悩みの人たちには、面白画像が癒してくれそう。


カナダ、グアム、タイから、また九州から北海道まで生活感が見れるのはうれしい。
皆さんの顔が見えなくても、息遣いやため息がよくわかる。
それぞれの表現パターンがあり、みんな個性的だ。


ふーん、ハイハイ、なるほど、いいね などとつぶやきながら
楽しませてもらっている。


ただ、文通の時のような、ドキドキ感はありません。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。