多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

すごい 一般紙に登場した 男の活力広告

スポーツ新聞でのこのような広告はしょっちゅう見かけるが
サンケイ夕刊では初めてだと思う。


”すごい”の文字に つい目が行った。


どうせならカラーにすればよかったのに。


今日の記事は 昨日の高齢者食事会での話題にしようかと思った矢先に
出ばなをくじかれた。


それは別にして、昨日の資料 ”平均余命”というのが興味深い。



これによると
自分は67歳なので、平均的には平均余命は あと18年で
85歳まで生きられて、さらに平均寿命から健康寿命の69.39歳を
引くと 7年が介護を必要とする状態になる。
そうすると、85から7を引くと78歳からは介護必要状態。
あと11年か。
そんなもんかなー。


”みなぎる男の活力”の PRは我々老人向けなのだろうか。
そうであるならーーーーー。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。