多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

火鉢のお話し


真冬の寒い日。朝の暖を取るのに火鉢が欲しいと思った。
ネットで検索すると あったあった。
昔ながらのデザインが多い中で
現代的でピンとくるものがあり手に入れたのが下の写真。

 お正月に東京からやってきた小学三年生の孫娘。

冬休みの宿題のテーマが 昔の古い道具。
 火鉢のスケッチとともにエアコンやヒーターの代わりに
使っていると書いていました。
 火箸や五徳、炭の説明をしてやりました。


ほかに古いものは無いの と聞かれたら
  お爺ちゃんやお婆ちゃんしか ないなー
と 答えるつもりでしたが さすがにそんなことはありませんでした。



松ぼっくりの花炭づくり

海岸散歩の途中に松ぼっくりがたくさん落ちている。


ふと以前に作った石窯を思い出し、たばこ部屋の消臭のため 炭を作ろうと思い
ネットで調べると、花炭というものがあり作り方も書いてある。


昨年末に思い立って、ブリキの海苔の箱を利用して松ぼっくりを詰め込み
適当に薪で加熱してトライしてみたが見事に失敗。加熱時間が長すぎて

粉々に。写真はそのうち、そこそこできたもの。

さらに拾った松ぼっくりで、再挑戦しようと準備をしているが
正月や天候の具合で中断している。
今週にはなんとかトライしたいが、今日は風が強く寒い。
朝から病院の血液検査もあるし。

------------。

馬くいかない 昨日の結果

昨日もJRA3場に参戦。
あと一歩で外れる。
3連単を4点で当てるのは難しい。
TFの読みはいいのに、相変わらず組み合わせがダメ。
気を取り直して、今日も36レース。
昨日の結果分析。写真の ダイヤモンド印 に注目。
新馬、障害以外の5点選んだ馬のほとんどは3着までに来ているのに。

電車の中の時代小説と電子ブック

電車通勤はそれなりに楽しかった。


片道2時間のうち、1時間は電車の中。
読んだ、読んだ小説を。特に時代小説。中でも藤沢周平。
なぜか、好きですべての文庫本を読み切った。
いまでも本棚に並べて残してある。
 
ほかに北方健三。ハードボイルドから水滸伝、三国志、時代小説など
すべてそろえて、ワクワクしながら電車通勤も苦にならなかった。
 佐藤雅美や 柴田錬三郎、上田秀人の時代小説も面白かった。
その文庫本のほとんどは後輩や、前進座の先輩に送ってしまったが。


それらは主人公の人生模様や、機微、気合みたいなものがサラリーマン人生の
自分にとって同化しているようで、張り切って頑張れる源泉のようなものだった。


しかし、今は電子ブックなる便利なものがあって、200円引きで手軽に楽しめる。
特に、上田秀人のシリーズものを新刊を待ちかねて検索し、購入している。
 ただ、読んで疲れる。電子ブックの光のせいであろうか 眼力が老化している
せいであろうか。
 もう一度 わが文庫棚から取り出して 青春を取り戻すことができるでしょうか。


私の競馬スタイル

本当は、このカテゴリーでブログをはじめたかったのがきっかけ。


どのくらい同じような、ご同輩がいるのか知りたかったのです。


 土曜日早朝 4時半、バイクの音とともに玄関の郵便受けに。
土、日 契約のスポーツ新聞が配達される。スポニチ。
まだ暗い中、自分の作戦基地(二階の部屋)に入る。
 これから長い作戦タイム。
思い起こせば、今までの人生はすべて一夜漬けならぬ、一朝漬けで
切り抜けてきた気がする。習慣は治らない。


ここ2年、回収率70%。的中率3%。で推移。
今年の目標は回収率100%。的中率4%。
馬券はほとんど3連単。100円の豆券。一日3場で36レースに参戦。
一レース万券が当たれればトントンとなる。


去年一年。ターゲットフロンティアーなる、ソフトを導入。
検討(買い方)を重ねてきた。
 結論は 当たる法則はない。フィーリングと直感しかない。
しかし、直前のレース結果で 5番人気以内、着順5番以内、
着差1秒以内、の馬をマークし、上り3fタイムの上位、
坂路調教の53秒以内をチェックすると60%の確率で3位以内に入る。
 問題は組合せ。上位人気をいかに外すか。これが問題。


かくて、土曜、日曜の早朝に 戦略ルームで36レース分を
インプットして10時からのテレビ中継(グリーンチャンネル)を
ゆったりとした気分で採点結果を見る。
 これを一年、毎週続けてきた。馬鹿とゆうなかれ、スリリングな
非日常はこれでしか味わえない。


いかがかな。こんな変なご同輩はいるのかな。
写真はカスタマイズした ターゲットフロンティアー。