多趣味 新米老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

まだやってるぞ 揚げ足取り国会


組織を運営していると必ずほころびは出てくる。
その場合は 次から注意するようにの一言でだいたい終わる。

国会議員ともなるとそうもいかないのもわかるが。
報告をいつ聞いたかとか、忖度を誰がしたとか。
声を張り上げてアピールするほどの問題なのかどうか理解できない。

執行部も間違っていたなら 御免で済ませられないのか。

国会中継を見ていて不毛の議論にイライラするのは私だけか。

青山議員の北朝鮮問題や、尖閣問題、地下水買占め外国資本の
追求だけが目を引いた。

マスメディアも、これをゴシップと同じように扱うのはいかがなものか。
連日 評論家が登場してコメントをしている。
視聴率は良いかもしれないが、最後まで分からないうちは続くのだろうか。

早く決着して、次に進んでほしい。

おおー 今度は身体が固い

夏休み恒例の、早朝ラジオ体操が始まりました。
海岸の芝生の上で、子供たちが集まっています。

去年は右肩が上がらずに、半年間病院に通い続けましたが
今度は 前屈の手の先が地面から30cmくらいでとてもとどきません。
身体が固い。
何とかしなくてはと思いますが さて。

今日は一年ぶりの エコー検査です。
去年は 肝臓、腎臓、胆のうなどにそれぞれ3,4mmの石がありました。
それが大きくなっていなければいいのですが。

あんまり気にしていません。

あれれ 三段になっている

会社先輩の剣道八段範士受賞記念祝賀会に出席した。

 剣道の称号は 練士、教士、範士とあり
 現在の最高位は、範士八段となっている。
ちなみに範士とは
  剣道の奥義に通暁、成熟し、技倆円熟なる者
  七段受有後10年以上修業 46歳以上 合格率 約1%。
 
並大抵の修行ではなれるものではない。素晴らしい。
記念に手ぬぐいと扇子をいただいた。

自分以外は みんな人生の師匠であるという意味で
 吉川英治が宮本武蔵の小説の中で紹介したもので有名である。

この剣道部はすでになくなっているが、OB会には50名ほどの名簿登録があり
そのうちの20名ほどが 受賞を祝い 久しぶりの再会に花を咲かせた。
ほとんどの人たちが5段以上で、練士、教士、範士の方もたくさんいる。

その名簿の中で自分の名前のところに3段と書かれている。
むー。確か2段のはずだが。

幹事さんに尋ねると、そうですかとあいまいな答え。
自分自身も50年ほど前のことなのでよく覚えていない。
年長者に入るので名誉3段の称号をくれたのかとありがたく頂戴する。

近況紹介であいさつに立つと 練習に来たことがあったのか と
厳しいヤジが。
 確か一回ほどありました の返事にやんやの喝さい。

当時 そうそうたるメンバーばかりだったので恐れをなして
近寄れなかったのを覚えている。

ともあれ 皆さんお元気に過ごされているようで
若いころを懐かしんだ大阪梅田の夜でした。

元気のない理由 友達の金魚が

たかが金魚とはいえ
長年餌をやり続けていると 戦友みたいなもんで
元気にしてるかと声をかけるのが日課になっていた。

すこしづつ腰が曲がっているのには気が付いていたが

とうとうそのままの姿で昇天した。

7,8年にもなろうか。
友達を失った気分で 寂しい。

この水槽に、あたらしい仲間を入れてやろうかどうか思案している。

元気のない理由 福島函館ローカル競馬

競馬ネタはしばらくお休みでした。
競馬日記を見てくれている人たちには面白くなかったでしょう。

やっぱりローカル競馬は難しい。

こんな結果でした。

函館福島はさっぱり当たりません。

馬の能力や展開・実績などすべてのファクターを組み合わせても
そのとうりに来たためしがない。騎手を選んでもしかり。

ここはやっぱりお馬ちゃんに電話して、今日は走る気満々なの と
聞いてみるしかない。

この頃はセミの抜け殻のように 惚けてしまっている。

ここはおとなしく

秋まで待つしかない。