多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

ワンちゃんの元気がありません

ここ2,3日。ワンちゃんの元気がありません。
ご主人様の悩みを共有しているのかも。


いつもは散歩で引っ張るのに、とぼとぼと。

蒸し暑さで夏バテ気味です。


久しぶりに サギ君を見つけました。
写真の中央です。

黒っぽく映っています。


雨上がりの海岸は、花が咲いて
海開きの朝です。

暑い夏の始まりです。


改めるには はばかることなかれ

こんなことでいいのだろうかと迷いながらも。


団地バスの新たに作ったお買い物便の乗客がゼロなのです。
3日運行して居ないのなら今後も増えない。


やっぱり午後4時の便ではだめだった。
利用するのはお年寄りなので
午前中に用事を済ませる人が多いのかなとは思っていた。


スタート直後ではありますが、
午前9時半に変更します。

少し、車両のPRも加えて。


この用紙を全戸配布するのです。700軒ほどあります。


御心配には及びません。
回覧システムがあるので、30件の班長さん用の配布棚に
入れておけば配ってもらえます。


それにしても、始めたばっかりで早くも軌道修正とは。


でも 改めるには はばかることなかれです。

今そこにある危機 なんともはや

どこかで耳にした言葉ですが。


富山で警備員さんが、21歳の男に死亡させらとか。
なんで。  理不尽だ。
思いがけないことが毎日ニュースで飛び込んでくる。


災難はどこにでもあるというのでしょうか。


さらに 新聞では南海トラフの地震確率が微増だそうな。


ちょうど 防災マニュアルを研究しているところだ。


各所で 立派なマニュアルが整備されている。

一番 ピリッと来たのが横浜ある町のこのデータ。
なぜかというと
自宅が避難場所というところだ。


大多数はそうなんではないでしょうか。
あるいはそう信じている人たちがほとんどでは。


ところがその油断が命取りになりかねないとも思う。
でも自宅の安全度/危険度を知るのが一番だとも思う。


いくら立派なマニュアルを整備しても、
多種多様な災難には役に立たず抗しがたい。


自然災害よりも 
スーパーで隣の男が刃物を持っているのだから。


どうして身を守ればいいのだろうか。
いくらかんがえても 堂々巡りで分からない。


68歳の有償ボランティア 始まる

退職後 4年間の
”浪費” ”消費” ”無駄使い” ”へたくそゴルフ” ”ひまつぶしのギャンブル”
ありとあらゆる 不良老人の象徴みたいなものを
続けてきた生活にピリオドを打つ気持ちで。


と 書き始めましたが、そんな大それたものではありません。


なりての少ない 団地バスの運転手を週一回やるだけです。
時給700円。
世話役代表の自分が決めたものです。


もともと ひまつぶしで自治会の役員を引き受けたのですが
諸問題にぶち当たるたびに、やる気が出てきて
これもそのうちの一つ。


地域貢献、社会貢献、地域のつながりつくり 
そんな大それた気持ちになったわけではありません。
要するに ひまつぶしなのです。


これが意外と面白くて、仲間が大勢できました。
大変ですねー と言ってくれますが。


そうです。老木でも実をつけるんです。
ここに無理やりこじつけました。

庭にある 山桃の木です。
今年もおいしい実がたくさんなりました。
故郷の徳島の少年時代の味です。


ボランティアを始める気持ちになったきっかけは?。
もちろん 母ちゃんへの罪滅ぼしです。