多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

早起きはしてみるもんだ 懐かしいSL

目が覚めて眠れなかった。
NHKでSLが走っていた。

懐かしい 四国の牟岐線と小松島線。

何かの因縁だろうか。


家のすぐ横を走っていたSL。
レールにくぎを並べ、通り過ぎた後に拾うとぺしゃんこになって
弓矢の先にぴったりだった。


蛇を並べたこともあった。


午前3時の夢の中。


2度寝の夢の中。

昔文通(ぶんつう)今ブログ そして人生いろいろ

今どきの人に、文通といっても何のことかわからないだろう。


学生の頃の ”蛍雪時代”。受験雑誌。今でもあるみたいですが。
昭和の時代には、文通コーナーというのがあり1対1の手紙のやり取りが

流行ったものだ。

昭和42年の表紙。
今ではよく思い出せないが、学生時代に文通もやった経験がある。
手紙を受け取るときのドキドキ感は印象に残っている。


かたや いまはパソコンでのメールやLINEのやり取り全盛で便利になったものだ。
ブログに感動するのは、幅広い世代の人たちの考えや情報に接することができるから。


スケッチ、イラスト、絵手紙など素晴らしい才能の人たち。
景色や、風景の写真とともに あたかも自分が参加しているようだ。
犬、猫物語の描写や感想にはそれぞれの思い入れがあって楽しい。
一方、こんなに甘いものばっかり食べて健康は大丈夫なのかと他人事ながら心配。


同輩と思しき人たちの、事件やニュースに対するご意見には全く賛同する。
心や身体の病気の悩みの人たちには、面白画像が癒してくれそう。


カナダ、グアム、タイから、また九州から北海道まで生活感が見れるのはうれしい。
皆さんの顔が見えなくても、息遣いやため息がよくわかる。
それぞれの表現パターンがあり、みんな個性的だ。


ふーん、ハイハイ、なるほど、いいね などとつぶやきながら
楽しませてもらっている。


ただ、文通の時のような、ドキドキ感はありません。


動画をアップしたいと思ったことは

ムラゴンに動画をアップするのは難しい。
なぜなら 10MBまでという制限があるので写真は簡単だが
動画はサイズが大きすぎることが多い。
しかも gifという形式でしかできない。


普通、デジカメやスマホでとったビデオはWMVやMP4という
形式が多いのでgifに変換しなければいけない。


経験からいうと スマホで20秒程度だと40から50MBになるが
これを10MB以下でgifファイルに変換する方法について紹介します。
素人ですので他にもいい方法があるかもしれませんが。


まず
① ビデオ動画をパソコンに転送。(写真と同じ)
  ビデオのファイルを右クリックしてプロパティを開き
  容量を調べておきます。10MB以上あるはずです。


② video to GIFconverter という無料ソフトをダウンロードしておきます。

 

無料の分のダウンロードでokです。

③ 下がそのソフトです。

 下にある保存先を決めておきます。

 ファイルを追加をクリックしてインポート。

 変換ボタン。完成。再生ボタンを押してgifに変換されたことを確認。


そして出来たファイルのプロパティを見て、サイズが10MB以下であるのを
確認。10MB以上であれば プロフィールの設定ボタンを押して
フレームレートを下げてもう一度変換。
これを繰り返す。


10MB以下になれば写真と同じ手順でアップ可能。
なれれば簡単です。若干画像がぎくしゃくしますが。


一度トライしてみてください。楽しみです。


ちなみに パソコン画面を切り出すのには、無料ソフトの
snipping toolを使っています。


なんでも無料なのです。


すごい 一般紙に登場した 男の活力広告

スポーツ新聞でのこのような広告はしょっちゅう見かけるが
サンケイ夕刊では初めてだと思う。


”すごい”の文字に つい目が行った。


どうせならカラーにすればよかったのに。


今日の記事は 昨日の高齢者食事会での話題にしようかと思った矢先に
出ばなをくじかれた。


それは別にして、昨日の資料 ”平均余命”というのが興味深い。



これによると
自分は67歳なので、平均的には平均余命は あと18年で
85歳まで生きられて、さらに平均寿命から健康寿命の69.39歳を
引くと 7年が介護を必要とする状態になる。
そうすると、85から7を引くと78歳からは介護必要状態。
あと11年か。
そんなもんかなー。


”みなぎる男の活力”の PRは我々老人向けなのだろうか。
そうであるならーーーーー。