多趣味 老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

また 警察と市役所に掛け合います

地方の警察と市役所は硬直している。憤懣やるかたない。


そうです。駐車禁止場所の解除の話です。
去年は2度の話し合いを持ちましたが自治会には何の回答もありません。


住民センターには駐車場がありませんので
せめて高齢者が車を止める周辺道路は駐車禁止を解除してほしい
との要望に 規則があるのでだめだという一点張り。


近年 地域住民の要望にはできるだけ答えるようにとの警察庁の
通達が出ているにも関わらず、地方の警察は決断力がない。事なかれ主義。
バカな連中だとほおっておくわけにはいかない。


写真を見てください。

この道路は団地の奥にあり 住民センターの横は他地域の車はほとんど通らない。
この下側(赤線部分)を、時間制限駐車区間にしてくれとの要望もダメ。


そこで考えたのが、上のスケッチ図。
擁壁側に段差がありますので、10㎝位コンクリートを打ち、溝蓋を敷いて
駐車スペースを確保するというアイデア。



20Mくらいありますので4台位は止められます。


市役所には敷地内ですので了解が必要。
問題は駐車禁止のポールがあるので後ろに移動してくれと警察に要望すること。
駐車禁止の解除はあきらめて、実質的にスペースを確保するというもの。


週明けにこの二つの役所に掛け合う予定。


どこにでもある話ですが、我々には長年の懸案で真剣なことです。
対策費用も来年度の自治会予算に組み込みました。
工事をすることは、だれも反対はできません。


ただ 駐車禁止場所ではありますが、誰かが通報しない限り
取り締まりはないと思うのですが。どんなもんでしょう。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。