多趣味 新米老人のブログ

定年後3年目 自由時間を持て余し 反省と自分起こしの
日記帳

前進座 山崎辰三郎は一つ上の先輩

今年も 先輩からご丁寧な案内状をいただいた。
この9月は大阪 国立文楽劇場の 柳橋物語。

さっそく電話してチケットを予約してもらった。


昨年は ”芝浜の革財布”で 主役お春を演じたのをまじかで見てよかった。
今年は奥さんの今村文美と一緒の舞台で、奥さん主役、彼はわき役。
不慣れな男役とのこと。得意は女形なのに。


奥さんの ”夢千代日記”は2年ほど前に和歌山の演劇鑑賞会でみた。吉永小百合とは
一味ちがった舞台で印象に残っている。


辰三郎さんは京阪神に来るたび連絡をくれるので楽しみにしている。
芝居がはねた後のビールの話のタネはなぜか家族の話題が多い。
彼は学校の落研時代の先輩で、おはこの”ろくろう首”は今でも覚えている。


50年近くたった今でも、むかしの面影が残り若作りなのだが もう座友と
なってしまった。でも声も女形の役を十分こなせるほどまだ きいない。
まだまだ活躍できるはずだ。


この前も、山本周五郎や藤沢周平みたいなものがたりの脚本を作りたいねと
話したばかりだが 平凡な日常ではネタ作りのアイデアが湧いてこない。


ともあれ、9月の公演とその後の一杯が楽しみだ。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。